マイケア・ふるさと青汁とはどんなもの?

マイケア・ふるさと青汁。
それは、八丈島産の明日葉を原料にした青汁です。八丈島で古くから栽培され、 健康食品として利用されてきた国産の貴重な明日葉を葉・茎から貴重な根までを潰して、 明日葉の成分を十分すぎるほど取り入れられ、またさらに伊豆諸島大島産の明日葉に熊本県産の大麦若葉、桑の葉をバランスよく配合することで、 口当たりも良くなっていて、青汁が苦手な人でも大丈夫な(個人差があります)、とても飲みやすくなっています。

 

一般に青汁といえば「ケール」を使ったものが代表的ですが、マイケアのふるさと青汁に使われている明日葉には、 そのケールの栄養価をはるかに上回る栄養価があり、 また美容、健康に欠かせないビタミン・ミネラル・食物繊維などの普段の食事では摂りにくい栄養もたっぷり含まれているというすぐれモノ!

ふるさと青汁の何がそんなに人気なの?

一般的な青汁では、ケールというキャベツの一種を使っています。
ケールの栄養価は、ビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、ビタミン、ミネラル、葉緑素、食物繊維、葉酸、たんぱく質、ナトリウムなど、単一野菜では最高の青汁の原料といわれています。

 

しかし、明日葉には、美容ビタミンとも言われるビタミンB2が1.6倍、食物繊維・たんぱく質が約1.5倍、ナトリウムが6倍以上、その他の栄養素も豊富に含まれているのです。 それはケールをもしのぎます。


また、ふるさと青汁の明日葉には、「カルコン」・「クマリン」というケールには無い成分が含まれています。
「カルコン」は、明日葉の茎や根を切るとにじみ出てくる色素成分で、緑茶のカテキン、大豆のイソブラボンと同じ効果があると注目されている成分で過剰なカロリー摂取や運動不足、偏食などの生活習慣の乱れなどによる、肥満や内臓脂肪の蓄積を抑える効果があります。

さらに「クマリン」という成分には抗菌作用があり、じんましんやアレルギー性鼻炎などに対しても効果があるようです。

 

現代人が抱える野菜不足の解消などにも一役買ってくれそうです。
さらに便秘やむくみで悩んでいる女性にもオススメしたいのが、このふるさと青汁。

 

本品の豊富な栄養素が、野菜不足の解消や足や二の腕などむくみの悩み、便秘など健康だけではなく、 美容にも効果があるということで、このあたりが多くの女性に飲まれている、人気の秘密なのかもしれません。

ふるさと青汁はこんなにイイ!

本品に含まれている明日葉という植物は、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの、普段摂取しにくい栄養をたっぷり含んでいることに加え、 リコピン・アントシアニン・カルコンといった植物由来の栄養素が多く含まれていることも大きな特徴です。

 

毎日ふるさと青汁を摂取したことで、加齢による肌のたるみやむくみが改善してきたというようなご愛用者の声もあります。 ほかにも以下のようなご愛用者の喜びの声があります。

トイレの回数が増えて、身体も軽くスッキリしています。
貧血と疲れやすさの改善にも明日葉は効果があるようです。
飲み初めてからすぐに毎朝快調になり、お尻の下やお腹の周りがスッキリしました!

さて、青汁でハードルが高く感じるのは、その味!
今までの青汁は身体には良いかもしれませんが、それと引き替えに味に関しては美味しいとは言えないというのが当たり前でしたが、ふるさと青汁は、青汁特有の青臭さや苦みもなく、抹茶感覚で飲めて、さらに粉末タイプなので牛乳やヨーグルトに、あるいはお菓子やお料理にも使っていただけます。

 

●ビタミン・ミネラル・食物繊維等、美容に嬉しい八丈島産の明日葉
●身体の中からキレイになれる健康成分「カルコン」が含まれている
●安心の国産原料を使用し、明日葉・大麦若葉・桑の葉をバランス良く配合

 

これがマイケア・ふるさと青汁の優れた部分であると言えるでしょう。

ふるさと青汁